あなたのamahiサーバーストレージをアップグレードし管理する方法を学ぶ

オープンソースのAmahiサーバーを選択することで、Windows Home Serverを無料でアップグレードできることがわかりました。インストールが完了したら、ドライブ、共有、およびストレージプールを管理する方法を紹介します。

ストレージを追加する最初のステップは、ドライブを追加することです。これを行うには、サーバーをシャットダウンし、追加したい追加のハードドライブを差し込みます。

新しいドライブをフォーマットする必要がありますので、必要なものをバックアップしてください。

Amahiマシンの電源を入れ、別のコンピュータを使用してSSHサーバーに接続します。

別のコンピュータにSSHクライアントがない場合は、Amahiリポジトリからanytermを使用することもできます。

まず、ドライブをマウントしてフォーマットできるように、いくつかのツールをインストールします。 rootとしてこのコマンドを実行する

yum -y install pmount fuse fuse-libs ntfs-3g gpartedユーティリティ-linux-ng

次に、コマンドでハードドライブが検出されたことを確認します

ls -l / dev / disk / by-id / | egrep -v “part | scsi”

「ata」で始まるものはIDEとSATAドライブなので、「usb-」で始まるものはUSBハードドライブになるので探してみたいと思うでしょう。 / dev / sdXのハードドライブ文字に対応するため、 ” – > ../../ sd”の後の部分を書き留めてください

ちょうどあなたが持っているドライブレターを使用して、それは唯一のオプションとして新しいドライブでrootとしてcfdiskをターミナルから起動します。

これが新しいドライブであり、データを持つ既存のドライブではないことを確認してください。すべての情報は、この次のステップでドライブからフォーマットされます。通常、2つのハードドライブしかない場合、最初のドライブは/ dev / sda、2番目のドライブは/ dev / sda

上記の例では、cfdiskを

cfdisk / dev / sdb

パーティションが既に選択されている場合は、ドライブを使用してパーティションを選択し、左/右をクリックして下の削除アクションを選択します。

すべてのパーティションが削除されたら、新規を選択して新しいパーティションを作成し、新しいパーティションテーブルをドライブに書き込むことができます。

アクションが完了したら、かなりのcfdiskを実行してから、以下のコマンドを実行してsdXをドライブ文字に置き換えてください。

mkfs.ext4 -j / dev / sdX1

ドライブにはフォーマット済みの新しいパーティションが用意されています。コマンドを実行する

hda-diskmount

新しいパーティションを自動的にマウントするにはrootとしてログインします。

hda-diskmountコマンドは、/ etc / fstabに追加して、サーバが起動するたびに自動的にドライブがマウントされるようにするための行を提供します; nanoを使ってfstabファイルをrootとして編集します

nano / etc / fstab

hda-diskmountコマンドの推奨行をファイルの最後に追加します。

システムを再起動し、サーバーがバックアップされたらWebパネルにアクセスして、ハードドライブがマウントされていることを確認します。

ハードドライブがフォーマットされ、マウントされたら、HDAのセットアップページに移動し、設定ページをクリックして、詳細設定のボックスにチェックを入れます。

共有 – >ストレージプールタブに移動し、新しいハードディスクの横にあるチェックボックスをオンにして、グレイホールプールでドライブを使用します。

プールされたストレージの利点を利用するには、複数のハードドライブをプールに追加する必要があります。上記の手順を繰り返して、HDAにドライブを追加して、ここにドライブをプールします。

スペースが増え、ストレージがプールされたら、[共有] – > [共有]タブをクリックして、新しい共有をクリックします。

共有に名前を付け、それを読み取り専用にするかどうかを選択します。

共有が作成されたら、共有名の横にある編集アイコンをクリックし、ボックスをチェックしてストレージプールを使用します。

プールに複数のハードドライブが追加されている場合は、ハードドライブが故障した場合に保存するファイルのコピー数を選択することもできます。

ストレージの詳細や設定については、Amahi wikiを参照してください。

Amahi wiki:2番目のハードドライブを追加する

Amahi wiki:ストレージプーリング

これらの指示は、私がWHS1サーバーからamahiに “アップグレード”しない理由を正確に示しています。ハードドライブ/ドライブを追加することがいかに難しいかを厳格にすることができます。

言及する価値のあるもう一つの点(ここでは言及していません)は、すべての機能を有効にするためにamahiにネットワークを制御しなければならないということです。

AmahiはWindows Home ServerやFreeNASの代わりに、GUIを使ってすべてをやり遂げることができるようになるとは思わない。私は小さなSSHを恐れていませんが、他の製品はこれらのタスクをずっと簡単にします。

私はしばらくの間、このNDAS外付けハードドライブを持っています。なぜ私はサーバーが必要なのか分かりません。 (btw私もWHSを持っている..しかし私はNDAS HDを好む)これは私がやったことです

1. 19ドルで外部NDAS hdエンクロージャを買った。 (SATA); 2。 2TB SATA 3 HDを購入し、エンクロージャに接続してください…; 3.エンクロージャをルータとボイラーに接続してください…私は外付けバックアップ/共有ドライブを持っています。

すべてのデバイスでドライブを共有し、簡単にアクセスできるようにドライブをマップすることができます。また、Back UPサービスで構築されたウィンドウを使用して、すべてのデバイスをバックアップすることもできます。:)安くて簡単です。

@Thrushウェブベースのハードドライブ管理は現在行われていますが、現時点ではETAはありません。私はそれがまだ非ハイテクではないことに同意するが、それは方法ですIMOです。

Werbminインターフェイスをインストールすると、コマンドラインを使わずにすべてのことを行うことができますが、バージョン6で動作するかどうかはわかりませんが、古いバージョン5.4はうまく動作します。 15 TBの使用可能なスペース(10×1.5 TB)。しかし、グレイホールではまったく気になりません。

それは約12TBしか使用できません。また、OSをインストールするためのベースドライブとして750GBを使用します。

GUIインターフェースを使用して同じことをしたい場合は、以下をお読みください。このチュートリアルでは、ハードドライブを追加してフォーマットし、再起動するたびにファイルシステムの同じ場所にハードドライブをマウントするコマンドラインの方法です。私はコマンドラインで非常に能力があり、毎日それを使用しますが、このようなタスクのために私はある程度GUIを選択します。私のamahi hdaはヘッドレスですが、まだGUIでこれを行うことができます。一般的な手順

ssh -X username @ hda then:su(rootパスワードを入力)してroot権限を取得し、gpartedと入力し、新しいドライブを選択してフォーマットし、https:// hdaに移動します.domainnamehere.com:10000(これはWebminアプリケーションです);次にwebminを使用して、/ var / hda / files / whateverや/ backupsなどのファイルが必要な場所にドライブをマウントします。システムは設定を保存します(これはnanoを介してドライブのUUIDを追加するのと同じです); hdaダッシュボードをチェックして、サーバーに追加された容量を確認してください

私は自分のAmahiサーバーのIP設定を自分で設定できるようにしたいと思いますが(何らかの理由でIPアドレスを変更する必要がある場合に備えて)、Amahiを数週間使用しています。大好きです。私はLinuxの専門家ではありませんが、取得するのに十分な知識があります。

私はいくつかのより多くのHDDを手に入れようとしており、RAIDをセットアップするか、サーバーをバックアップするための外付けドライブが必要です。

また、sshのamahiやLinuxサーバーへの素晴らしいWindowsプログラムはputtyであり、putty.orgの無料プログラムです

残念ながら、追加のドライブをマウントすることはできません。私は最初のチュートリアルをやって、Amahiのセットアップをうまくやってくれました。私は3つのドライブをマウントしようとしました。私はまた、Windowsでフォーマットし直してから、これらの手順をもう一度やってみました…同じことです。

[root @ localhost dev]#hda-diskmount; *************************************** ************************; NTFS署名が見つかりません; ‘/ dev / sdb1’のマウントに失敗しました:無効な引数;デバイス ‘/ dev / sdb1 ‘に有効なNTFSがないようです;おそらく間違ったデバイスが使用されていますか?または、パーティションの代わりにディスク全体(例えば、/ dev / sda、/ dev / sda1ではなく)? / dev / sdb1を ‘/ var / hda / files / drives / drive5’としてマウントする;ブートするたびにシステムにマウントされるようにすることができます;そうするには、この行を次のように非常に注意深く追加してください。 / etc / fstabとリブート; UUID = 4befb8ba-2dc9-4e90-9119-2c9e51ec6cf4 / var / hda / files / drives / drive5 ntfs-3g rw、ユーザ、fmask = 0113、dmask = 0002、uid = 500、gid = 100 、noatime 1 2

“Over the Rainbow”、1939年の古典的な映画The Wizard of Ozの象徴的なバラードは、映画のスコアからほとんど切り離されたが、それは最優秀オリジナルソングアカデミー賞を受賞し、後にアメリカ映画協会すべての時間の映画の歌。