あなたのWindowsのPCを修正するためにセーフモードを使用する方法(そしていつ行うべきか)

Windowsのセーフモードは不可欠なツールです。マルウェアに感染したコンピュータやバグの原因でクラッシュするコンピュータでは、セーフモードがコンピュータを起動する唯一の方法です。

セーフモードでは、サードパーティ製のソフトウェアやドライバをロードせずにコンピュータを起動するので、問題の原因となるソフトウェアをそのソフトウェアが途切れることなく削除するのに最適です。

Windowsが起動すると、通常は起動プログラムが起動され、インストールしたハードウェアドライバが読み込まれます。コンピュータがマルウェアに感染しているか、ブルースクリーンの原因となる不安定なハードウェアドライバがある場合は、セーフモードを使用して修正できます。

セーフモードでは、Windowsは非常に低い画面解像度を使用し、ハードウェアサポートを多く初期化せず、サードパーティのスタートアッププログラムを読み込まないようにします。これにより、サードパーティ製のソフトウェアや潜在的なハードウェアドライバの問題がなくても、Windowsのトラブルシューティングを行うことができます。

あなたのコンピュータに問題があり、それを修正するように見えない場合、またはあなたのコンピュータが不安定で、クラッシュまたはブルースクリーニングを続けている場合は、セーフモードで修正する必要があります。

起動時にクラッシュすると、Windows PCは自動的にセーフモードで起動します。ただし、セーフモードで手動で起動することもできます

セーフモードに入ったら、システムメンテナンスタスクを実行してコンピュータを修復できます

あなたがコンピュータの問題を抱えている場合は、時間をかけて隔離して修正するのはよくありません。 Windowsを再インストールして新しいシステムで再起動するほうがずっと速いかもしれません。

もちろん、Windowsを再インストールすると個人的なファイルが失われるため、必ずバックアップを取ってください。 Windows 8または10では、PCを更新すると、システムソフトウェアを置き換えながら個人的なファイルが保存されます。

完全なWindowsの再インストール後もコンピュータが不安定になっている場合、コンピュータのハードウェアに問題がある可能性があります。完全なWindowsの再インストールは、更新が必要なハードウェア・ドライバーの問題がない限り、ソフトウェアの問題を排除します。

私はちょっとした記事を書きましたが、Shift + F8コンボは毎回すべてのWin8コンピュータで動作しますか?私は、誰かが起動していないWin8ノートパソコンを修復するのを手伝ってくれていて、キーコンボのどれもがセーフモードに入ることはなかった。

象は、その巨大な足の底に隆起のような指紋が特徴的です;これらの尾根は、象を識別し、その年齢を推定するために使用することができます。