それ:どのようにWindowsサーバー2008 r2のdhcpを設定する

IT基本の学習シリーズを続けて、今日では、Windows Server 2008をルータ上で使用する代わりに、Windows Server 2008にDHCPを設定する方法を説明します。

注:これはIT管理の基礎を教えている現在進行中のシリーズの一部であり、皆には当てはまらないかもしれません。

このガイドでは、Server 2008をマシン上にインストールして実行していることを前提としています。インストールしない場合は、インストール方法についてのガイドを参照してください。続行する前に、サーバー上に静的IPアドレスを設定しておく必要があります。

開始するには、サーバーマネージャーを起動し、役割を右クリックし、役割の追加を選択します。

通常の「開始する前に」画面が表示され、「次へ」をクリックすると、DHCPサーバーを選択できるようになります。

次に、DHCPプロトコルをバインドするネットワーク接続を選択します。

DNSサーバーのIPアドレスを入力します(この場合は同じマシンですが、ループバックアドレス(127.0.0.1)を入力しないように注意してください。クライアントが名前解決に使用するアドレスになるためです)。

もう一度[次へ]をクリックしてWINSセットアップをスキップすると、[DHCPスコープの作成]が表示され、[追加]ボタンをクリックできます。

今あなたはする必要があります

OKをクリックすると、次の4回をクリックして確認画面が表示され、最後にインストールをクリックできます。

インストールが完了すると、DHCPが機能し、すぐにDHCPサーバーの管理を開始できます。

すごい、ありがとう

スコープオプションを使用して拡張することは良いアイデアだと思う;それを使って、DNSサーバクライアントが取得できるだけでなく、ブートファイル、PXE、タイムサーバなどのオプションを知ることができます。

あなたの冷凍庫でウォッカを凍らせることができない理由は、水が凍結点が32℃(0℃)で、純粋なエタノールアルコールが-175度(-115℃)の凝固点を持ち、ボトリングプロセス中に希釈しても、冷凍ポイントを-10F(-23℃)に保つために、80プルーフ(40%アルコール)ウォッカの平均ボトルにはまだ十分なアルコールがあります。