マイクロソフトのアクセスデータをExcelにインポートする

Microsoft Accessは、データをテーブルに格納し整理し、特定のレポートを生成するためのクエリを作成するのに最適な場所です。 Excelは、単一のワークシートにデータを提示するプロセスを簡素化します。ここでは、ExcelにAccessテーブルをインポートする手順を示します。

データを追加する新規または既存のExcelワークシートを開き、[データをアクセスから外部データを取得]をクリックします。

次に、テーブル情報を取得するAccessデータベースを参照してダブルクリックします。

これで、Excelに追加するデータベース内のテーブルにスクロールしてダブルクリックすることができます。

[Import Data]ダイアログボックスが開き、さまざまな選択ができます。この例では、テーブルデータをインポートしているため、デフォルト設定をそのまま使用し、セルを選択してデータインポートを開始できます。 OKをクリックします。

表のデータは、表と同じ順序でExcelワークシートに表示されます。

関連記事:ExcelワークシートをPowerPointまたはWord 2007に埋め込む

ニューヨーク市のニックネームとしての「The Big Apple」は、1920年代にスポーツ・ライターJohn J. Fitz Geraldによって大衆化されましたが、ニューヨーク条約によって1970年代に採用されるまではニューヨークの外で広く採用されませんでした(NYC&カンパニーとも呼ばれます)が観光広告キャンペーンに使用します。