マイクロチップは主に何から構成されていますか?

回答:シリコン

ケースはセラミックでもよく、コネクタは金または他の金属でもよいが、現代のマイクロチップのバルク(および心臓)は天然の半導体シリコンである。最小のオンボードチップから、最大かつ最も頑丈な最先端のCPUまで、この心臓部はシリコン層にエッチングされた小さなトランジスタの束です。マイクロチップ内の原材料は過去40年間でほとんど変わっていませんが、チップ構造とトランジスタエッチングの技術は根本的に進化しました。

1970年代から現在まで、ますます小型化が進んでおり、ますます強力なチップが登場しています。 1971年、Intelは2,300個のトランジスタを搭載したIntel 4004をリリースしました。これとは対照的に、2011年にリリースされたインテルの6コアのCore i7チップは、元のチップよりも約100万倍強力な2,270,000,000トランジスタを誇っています。