ラズベリーパイを低電力ネットワークストレージデバイスに変える方法

ラズベリーパイと安価な外付けハードドライブを一緒に混ぜて、超低消費電力の常時接続のネットワークストレージデバイスのレシピがあります。自分のPiベースのNASを設定する方法を説明します。

常時接続のネットワークストレージデバイスを使用する利点は、ネットワーク内外のコンピュータから常にデータ(またはバックアップ先)にアクセスできることが非常に便利なことです。欠点は、ほとんどの場合、利便性のためにかなりの電力を消費していることです。

たとえば、オフィスサーバーは24時間365日稼働し、年間約200ドル相当の電力を消費します。一方、Raspberry Piベースのネットワークストレージデバイスは、年間約5ドル相当の電力を消費します。

完全な本格的なサーバーは、より多くのストレージスペースとより多くの作業を行う能力(適度な時間内に複数テラバイトのビデオコレクションをトランスコードするなど)を実現することを最初に認めるでしょう。しかし、ほとんどの人にとって、常駐コンピュータを家のどこかに置くという主な目的は、ファイルサーバおよびファイルバックアップリポジトリとして機能することです。そのような作業のために、ラズベリーパイは十分に強力であり、消費電力の変化のチャンクを節約します。

このチュートリアルは前回のチュートリアルをベースにしています:HTG Guide to Raspberry Pi。既に完成していると仮定します。つまり、あなたのラズベリーパイを既に持っていて、パワーアップしてマウスとキーボードに接続しています。あなたはそれにRaspbianをインストールしました。

「Raspberry Pi入門」チュートリアルから必要なギアに加えて、次のハードウェア

または

それでおしまい!シンプルなネットワーク接続のドライブが必要な場合は、ハードドライブが1つだけ必要です。ローカル(Raspberry Piの場合)のデータ冗長性を可能にするために、少なくとも2台のハードドライブを使用することを強くお勧めします。このチュートリアルでは、Seagate Backup Plus 1TB Portable外付けハードドライブのペアを使用しています。彼らは超小型で、外部電源を必要とせず、部品を買い物するときに販売されていました。

手元にある外付けハードドライブを使用することはできますが、できるだけ小型の低消費電力ドライブを使用することが理想的です。プロジェクトの主なテーマは、小さくて低電力のNASをセットアップすることです。のことを忘れます。

私たちが続行する前に、あなたが気づくべきラズベリーパイNASをどのように設定しているのかという点で、私たちがいくつかデザインを選択しました。ほとんどのユーザーは私たちが行ったのとまったく同じように実行したいと思っていますが、あなたのニーズに合わせて具体的な手順を調整し、ネットワーク上のコンピュータをどのように使用するかを検討してください。

まず、NTFS形式のハードディスクを使用しています。何らかの理由でRaspberry Pi NASが故障したり、ネットワーク経由ではなくUSB 3.0接続で情報をすばやくコピーしたい場合は、NTFSフォーマットのディスクを使用すると、NASビルドで使用しているポータブルUSBドライブを簡単に取り外すことができなくなります私たちが毎日使っている多くのWindowsマシンの1つに接続してください。

第2に、私たちはネットワーク共有にSambaを使用しています。これは、Raspberry Pi NASと主にWindowsネットワークとのメッシュ分割の利便性のためです。

ハードウェアを集めたら、Getting Started with Raspberry Piのチュートリアルに沿って速度を上げて(そしてRaspianを実行しています)、あなたのPiをNASとして設定しましょう。

ビジネスの最初の順序は、ハードドライブをラズベリーパイ(または構成に応じて、またハードドライブがセルフパワーであるか、外部から供給されているかに応じて、接続されたUSBハブに接続することです)。ハードドライブが取り付けられ、Piの電源がオンになったら、作業する時間です。

注:2つのハードドライブを使用しています。ハードドライブを1つだけ使用することに決めた場合は、このセクションのすべてのコマンドを無視して、2番目のハードドライブをマウント/変更したり、他の方法で操作したりしてください。

私たちは、端末内ですべての作業を行うつもりです。そのため、あなたはRaspianのLXTerminalを使って自分のRaspberry Piで直接作業することも、Puttyのようなツールを使ってRaspberry PiにSSHすることもできます。どちらの方法でも問題ありません。

コマンドラインに入ったら、まずNTFSフォーマットのディスク用にRasbianをサポートする必要があります。これを行うには、次のコマンドを入力します

sudo apt-get install ntfs-3g

パッケージのダウンロード、解凍、インストールには1〜2分かかります。 NTFSパッケージがインストールされたら、接続されている外付けハードドライブのマウントされていないパーティションを探します。

sudo fdisk -l

少なくとも2つのディスクが表示されるはずです。データミラーリングのためにセカンダリディスクに追加した場合は

最初のディスク/ dev / mmcb1k0は、RaspbianをインストールしたRaspberry Piの中のSDカードです。私たちは完全に1つだけ残します。

2番目のディスク/ dev / sdaは、最初の1TB外付けハードドライブです。 3番目のディスク/ dev / sdbは2番目の1TB外付けハードディスクです。これらの2つのディスクに興味のある実際のパーティションは、それぞれ/ sda1 /と/ sdb1 /です。ハードドライブ名を書き留めます。

ドライブをマウントする前に、ドライブをマウントするディレクトリを作成する必要があります。わかりやすくするため、各ドライブにUSBHDD1とUSBHDD2というディレクトリを作成します。まず、ドライブを作る必要があります。コマンドラインで次のコマンドを入力します

sudo mkdir / media / USBHDD1

sudo mkdir / media / USBHDD2

2つのディレクトリを作成したら、それぞれの場所に外部ドライブをマウントします。コマンドラインで次のコマンドを入力します

sudo mount -t auto / dev / sda1 / media / USBHDD1

sudo mount -t auto / dev / sdb1 / media / USBHDD2

この時点で、USBHDD1とUSBHDD2の2つの外部ハードドライブがそれぞれマウントされています。共有フォルダを保持するために、両方のドライブに特定のディレクトリを追加する必要があります(ドライブをきちんと整理し、ドライブ上で作業をコンパイルするため)。次のコマンドを入力します。

sudo mkdir / media / USBHDD1 / shares

sudo mkdir / media / USBHDD2 / shares

今度はSambaをインストールして、ネットワーク上の他の場所からストレージにアクセスできるようにします。コマンドラインで次のように入力します。

sudo apt-get sambaをインストールするsamba-common-bin

続行するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、Yと入力します。すべての物が開梱されて設置されるので、座ってリラックスしてください。 Sambaパッケージのインストールが終了したら、ちょっとした設定をしましょう。他に何かをする前に、Samba設定ファイルを元に戻す必要がある場合に備えて、そのバックアップコピーを作ってみましょう。コマンドラインで次のコマンドラインを入力します。

sudo cp /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.old

これは単にファイル名smb.conf.oldの設定ファイルのバックアップを作成し、それを元の設定ファイルと同じディレクトリに残します。

バックアップを作成したら、Sambaの設定ファイルで基本的な編集を行う時が来ました。コマンドラインで次のように入力します。

sudo nano /etc/samba/smb.conf

これにより、ナノテキストエディタが開き、簡単な変更を加えることができます。これがnanoを初めて使用する場合は、LinuxコマンドラインテキストエディタであるThe Beginner’s Guide to Nanoをチェックすることを強くお勧めします。あなたの端末ウィンドウに次のようなものが表示されるはずです

Nanoは完全にキーボードで制御されています。矢印キーを使用して、編集したい場所にカーソルを移動します。構成設定をクリックすると、メモや変更の価値があります。

1つはワークグループ識別子で、デフォルトではworkgroup = WORKGROUPです。自宅のワークグループに別の名前を使用している場合は、先に進んで矢印を上に移動し、それ以外の場合はデフォルトのままにしてください。

次の段階では、sambaストレージのユーザー認証を有効にします。そうしないと、一般のユーザー(Wi-Fiユーザーなど)にアクセスできるユーザーはすぐにアクセスできます。Samba設定ファイルをスクロールして、読めるセクション

Samba共有のユーザ名/パスワード確認を有効にするには、security =ユーザ行から#記号を削除します(カーソルでハイライト表示してdeleteを押す)。

次に、完全に新しいセクションを設定ファイルに追加します。ファイルの一番下までスクロールして、次のテキストを入力します

[バックアップ];コメント=バックアップフォルダ;パス= /メディア/ USBHDD1 /共有;有効なユーザー= @ユーザー;グループ強制=ユーザー;マスク= 0660;ディレクトリマスク= 0771;読み取り専用=なし

注:上の括弧の中に入れたものは、ネットワーク共有に表示されるフォルダの名前になります。 「バックアップ」以外の別の名前が必要な場合は、編集してください。

CTRL + Xを押して終了し、変更を保存して既存の構成ファイルを上書きするかどうかを尋ねられたらYを押します。コマンドプロンプトに戻ると、次のコマンドを入力してSambaデーモンを再起動します

sudo /etc/init.d/samba restart

この時点で、Piのサンバ共有にアクセスできるユーザーを追加する必要があります。ユーザー名バックアップとパスワードbackups4everを使用してアカウントを作成します。あなたは、あなたが望むものであれユーザー名とパスワードを作ることができます。これを行うには、次のコマンドを入力します

sudo useraddバックアップ-m -G users

sudo passwd backups

確認のためにパスワードを2回入力するよう求められます。パスワードを確認した後、正当なSambaユーザーとして “バックアップ”を追加します。次のコマンドを入力します。

sudo smbpasswd -a backups

プロンプトが表示されたら、バックアップアカウントのパスワードを入力します。ユーザーアカウントとパスワードを作成したら、Sambaデーモンをもう一度再起動する必要はありません。既に、認証されたユーザーのために注意する必要があります。ネットワーク上のSamba対応マシンに接続し、ネットワーク共有への接続をテストできるようになりました。

近くのWindowsマシンから、Windowsファイルエクスプローラを開き、Networkをクリックし、ホスト名RASPBERRYPIがWORKGROUPSワークグループにあり、共有フォルダのBackupsをクリックしたことを確認しました

プロンプトが表示されたら、前の手順で作成した資格情報を入力します(回線をたどっている場合、ログインはバックアップで、パスワードはbackups4everです)。

あなたの資格情報が受け入れられると、まだ共有に何もないので、あなたは空のフォルダに扱われます。すべてのことをスムーズにチェックするには、接続をテストしたコンピュータ(ここではWindows 7のデスクトップ)から簡単なファイルを作成しましょう。このようにtxtファイルを作成する

さて、コマンドラインから、今度はすべて作業しています。Windowsデスクトップで作成したファイルが、作成した共有ディレクトリ内に正しく表示されているかどうかを確認してみましょう。コマンドラインで次のコマンドを入力します。

cd / media / USBHDD1 / shares

ls

hello-is-it-me-you-looking-for-for.txtがディレクトリにあり、シンプルな共有ディレクトリの実験は成功です!

チュートリアルのこのセクションを終了する前に、もう1つのことしか行いません。 Piを再起動すると、外付けハードドライブが自動的にマウントされるようにPiを設定する必要があります。これを行うには、ナノエディタを起動して素早く編集する必要があります。コマンドラインで

sudo nano / etc / fstab

これはnanoでファイルシステムテーブルを開くので、いくつかの簡単なエントリを追加できます。ナノエディタ内で次の行を追加します

/ dev / sda1 / media / USBHDD1 auto noatime 0 0

/ dev / sda2 / media / USBHDD2 auto noatime 0 0

Ctrl + Xキーを押して終了し、Yキーを押して保存し、既存のファイルを上書きします。

冗長性のないシンプルなネットワーク共有のために単一のハードドライブを使用している場合は、それだけです!すべての設定が完了し、超低消費電力のNASを楽しむことができます。

これまでのところ、私たちのRaspberry Pi NASはネットワークに接続されていますが、ファイル転送は機能しますが、欠点があります。そのセカンダリハードドライブは設定されていますが、完全にアイドル状態です。

チュートリアルのこのセクションでは、シンプルで強力な2つのLinuxツール、rsyncとcronを使用して、プライマリドライブの/ shares /フォルダから/ shares /フォルダに移動します。これはリアルタイムのRAIDライクなデータミラーリングではありませんが、セカンダリドライブへの毎日(または半日)のデータバックアップは、別のデータセキュリティレイヤを追加するのに最適な方法です。

まず、Rasbianインストールにrsyncを追加する必要があります。 rsyncをはじめて使用していて、コマンドの概要を知りたい場合は、rsyncを使用してLinuxでデータをバックアップする方法をチェックすることをお勧めします。

コマンドラインで次のコマンドを入力します。

sudo apt-get install rsync

rsyncがインストールされたら、cronジョブをセットアップして、USBHDD1からUSBHDD2へファイルをコピーするプロセスを自動化します。コマンドラインで次のコマンドを入力します。

crontab -e

このコマンドは、テキストエディタのcronスケジューリングテーブルを開きます。これはチュートリアルのこの時点であなたによく知られています。文書の一番下までスクロールし、次の行を入力します

0 5 * * * rsync -av –delete / media / USBHDD1 / shares / media / USBHDD2 / shares /

このコマンドは、毎日午前5時(0 5部分)、毎日(* * *、年月日、日中のワイルドカード)毎に、rsyncで2つのディレクトリを比較し、HDD1 HDD2にコピーし、バックアップディレクトリ内のプライマリディレクトリのものと一致しなくなったものを削除するHDD1にムービーファイルがある場合、そのファイルを次回の同期時にバックアップから削除します。

このコマンドを構成する上で重要なのは、スケジュールした共有フォルダに対する他のネットワークアクティビティに干渉しない時間を選択することです。たとえば、毎朝午前5時にファイルをNASにコピーする何らかの自動化されたソフトウェアのバックアップ先としてRaspberry Pi NASを使用している場合は、バックアップソフトウェアのバックアップ時間を調整するか、 Pi上のcronジョブの時間を調整することはできますが、リモートバックアップダンピングデータをネットワーク共有に保存することはできません。また、Raspberry Piは同時にローカルドライブ間でデータを同期しようとします。

crontabエントリを入力したら、CTRL + Xをクリックして終了してファイルを保存します。直ちにrsyncを実行して、データのミラー化を早くし、最初のcronジョブをシステム上で少し軽くする場合は、コマンドラインでcrontabに入れたのと同じrsyncコマンドを入力してください

rsync -av –delete / media / USBHDD1 / shares / media / USBHDD2 / shares /

それでおしまい!この時点で行う必要があることは、スケジュールされたジョブが期待どおりに実行され、/ USBHDD1 / shares /のデータが/ USBHDD2 / shares /に表示されていることを確認するために、 。

ここからあなたのラズベリーPi電源NASに入れたものは、毎日両方のハードドライブにミラーリングされます。

トピックを完全に終了する前に、新しいRaspberry Pi-powered NASにパンチを追加するためにチェックアウトしたいと思ういくつかのHow-To Geek記事

あなたが私たちが見たいと思っているラズベリーパイプロジェクトをお持ちですか?大きくても小さくても、私たちはあなたのアイデアとのコメントの中でPi-soundで遊んでいるのが大好きです。

タコのニューロンの3分の2は脳内ではなく、腕の中にあり、タコの腕は信じられないほど中央の脳からの入力とは無関係に簡単な作業を行うことができます。 (たとえ完全に切断されていても)痛みやけがをすることがあります。