リンゴウォッチのメッセージの「テキストとして送信」プロンプトをスキップする方法

Apple Watchを使用すると、メッセージアプリから音声でテキストメッセージを送信できます。しかし、あなたがするたびに、メッセージをテキストとして送信するのか、ボイスレコーディングとして送信するのかが尋ねられます。そのプロンプトを取り除く方法は次のとおりです。

Apple Watchを使用してテキストメッセージを送信する場合、私はいつもそれらを通常のテキストとして送信します。私は決して人に音声録音を送信したくありません。したがって、毎回このプロンプトに答える代わりに、すべてのメッセージをテキストとして自動的に送信するように時計を設定しました。 (もちろん、ボイスメッセージを送信したい場合は、デフォルトでそれを行うように設定することもできます)。

注:メッセージを受信した人にiPhoneがない場合、テキストメッセージを音声として送信することはできません。

このオプションはiPhoneで変更する必要があるため、ホーム画面で「時計」アプリをタップします。

「マイウォッチ」画面がアクティブであることを確認します。そうでない場合は、画面の下部にある[マイウォッチ]アイコンをタップします。

「マイウォッチ」画面で「メッセージ」をタップします。

「メッセージ」画面で「オーディオメッセージ」をタップします。現在選択されているオプションが「オーディオメッセージ」の右側に表示されます。

「オーディオメッセージ」画面で、テキストメッセージを常にテキストとして送信する場合は「常にディクテーション」を、オーディオとして送信する場合は「常に音声」をタップします。私が言及したように、私は常に私のメッセージをテキストとして送信するので、私は「常に口述」をタップします。

これで、時計に新しいテキストメッセージを作成することができます。「オーディオとして送信/テキストとして送信」画面は表示されません。適切なフォーマットがテキストメッセージに自動的に挿入されます。

したがって、常に同じ形式でテキストメッセージを送信すると、少しでも時間を節約できます。

水中に置かれると、ダイエットコークスの缶が浮かび、通常のコークスの缶が缶に入れられ、ダイエットコークスで使用される人工甘味料は、通常のコークスで使用される高密度の砂糖よりも密度が低く、より少ない量である。