時間旅行の物語では、何回も出現するものは?

答え:定数

時間旅行の物語では、旅行者が訪れる各時間帯に存在するものを見つけることがよくあります。典型的には、地理的特徴、人工的ランドマーク、または主人公が遭遇する小さな物体であっても、物語を定着させ、旅行者が同じ場所にいることを証明する役割を果たす。たとえば、旅行者が少年のときに彼の名前を木に彫り、若い科学者としてタイムマシンを作り、それから遠くまで旅行すると、聴衆は非常に古いものと同じ木に見えるかもしれない彼が未来であることを立証するために彼の名前がまだ刻まれている成熟した木。この木は、2つのタイムライン間で一定で安定したものとして機能します。

たとえば、「Back to the Future」の映画シリーズ「Back to the Future」では、1885年に建設中の時計台が登場し、1955年に完成し、1985年に崩壊し、1985年にはカジノホテルに変わり、 2015年の未来の芸術作品。

それは確かに鋭い目で見た視聴者が気付くだろうが、1968年の「猿の惑星」で見つかった定数の影響にろうそくを抱えることができる時間定数はほとんどない。映画の最後で、主人公は、ここに見られる海の崖の砂の中に埋もれた崩壊した自由の女神を見つけ、彼が倒した世界が遠く離れた宇宙または平行の次元ではないことを自分と聴衆に明らかにするしかし、人類が倒れた後、ずっと将来地球があります。

 20世紀フォックス。