部屋に入ったときにスマートヘアを使ってライトを自動的にオンにする方法

暗い部屋に入るたびにライトスイッチを見つけて悩まさなければならない場合は、SmartThingsを使用してそのプロセスを自動化し、入力時にライトが自動的にオンになるようにすることができます。

これを行うにはいくつかの方法がありますが、それはあなたの武器にどんなスマートな製品があるかによって異なります。照明の自動化を開始するには、SmartThings開閉センサーまたはSmartThingsモーションセンサーのいずれかを使用できます。ライト自体については、SmartThings Outlet(またはSmartThingsに接続されたサードパーティのスマートコンセント)をランプを差し込んだ状態で使用するか、Philips HueのようなWi-Fi電球を使用することもできます。

これを設定するには、まず携帯電話でSmartThingsアプリを開き、画面の右下にある[マーケットプレイス]タブを選択します。

まだ選択されていない場合は、上部の[SmartApps]タブをタップします。

次に、「ライト&スイッチ」をタップします。

「スマートライト」を選択します。おそらくトップの最初の選択肢になるだろう。

“New Lighting Automation”をタップします。

ボックスの内側をタップして、「どのライトを制御しますか?」と言います。

オンにするライトの横にチェックマークを付けます。スマートコンセント(SmartThings、Belkin WeMoなど)にランプが接続されている場合は、そのランプをリストから選択します。右上の「完了」をクリックします。

次に、「何をしますか?」と書かれたボックスの内側をタップします。

[Turn On]を選択し、右上にある[Done]をタップします。

次に、「どのようにアクションをトリガーしますか?」というボックスの内側をタップします。

選択肢はいくつかありますが、ここでは「モーション」を選択し、SmartThingsモーションセンサーでライトをいつオンにするかを決定します。次に、右上の「完了」をタップします。

「どのモーションセンサーですか?」というボックスの内側をタップします。

使用するモーションセンサーを選択し、「完了」をタップします。

次に、「モーション停止後にオフにする」の横にあるトグルスイッチをオンにします。これはオプションの手順ですが、部屋を出るときにライトが消灯するようにします。

これを行う場合は、「この分数後」と書かれたボックスの内側をタップします。

ここに数字を入力してください.1分または2分は問題ありませんが、あなたが好きなものを作ることができます。

画面の右上隅にある「次へ」をタップします。

このオートメーションルールに名前を付ける場合は、「オートメーション名の編集」の横にあるトグルスイッチをタップします。

そこから、「カスタム名を入力してください」というボックスの内側をタップし、オートメーションルールの名前を入力します。完了したら、右上にある[完了]をタップします。

新しい自動化ルールがリストに表示されます。削除する場合は、左にスワイプして[削除]をタップします。

確かに、このようなものは家のすべての部屋にとって理想的ではないかもしれませんが、何かを手に入れて1分ほどたっぷりと歩いている空間やクローゼットでは、照明を自動化するのがとても便利です。

あなたの猫のために賢いpalindromic名前をお探しですか? 「Taco Cat」は、「Taco Cat」と綴られています。