How-to Geek:初年度レビュー

最終的にはHow-To Geekの1年目に到達しました。だから、私たちが成し遂げたことを少しでも退屈なものにする時が来ました。私はあなたのうちの3人だけが一番下まで読んでくれると確信していますので、私はlorem ipsumを使用して最後の2つの段落を記入しました。

最初はオタクだった

私は2006年9月にドメイン名を登録しましたが、10月まで公式には立ち上げませんでした。私はLinuxに関する記事をいくつか書いて始めました。なぜなら、Linux以外のものには、Linux以外のものは混乱しないと思ったからです。

…数ヵ月後、私はWindows Vistaのコピーを手に入れて、「これは混乱している。人々はこれを手伝ってくれるだろう」と気づいた。

そして、オタクの年が始まった。

私たちの実績

私たちは、このサイトを1年以内に最も人気のあるハウツーサイトの1つに変えました.110万ページビュー/月と約25,000人の加入者です。総投稿数は658件、コメント数は約4,000件あります。

ここでの目標は、オタクが理解できないほど簡単な記事を書くことですが、オタクを興味深く保つのにも十分興味深い記事を書くことです。それは非常に難しいことですが、私は最終的に私があなたの半分しかあなたの半分しか抱えていないと思っています。

25,000人の加入者をどのように管理しましたか?

最近私が何をしているのかを私に尋ねる数十のサイト所有者から電子メールを受け取りました。私の結論です

私は加入者数に貢献しているいくつかの要因があると確信していますが、私はそれが、フレンドリーで笑っているオタクの顔ではないと信じるようになりました。それを見て、あなたが購読に抵抗できると教えてください。

私はより良い説明を思いつきました。たぶん記事のような人たち、たぶんクリーンなデザイン、あるいは単に偶然に購読した人かもしれませんが、私は笑顔に戻っていきます。

交通渋滞

それは常に数字になる…正確にどのように我々がやった?

今年の1月1日以降、ページビューの大半はその半分に過ぎませんでしたが、3,011,790回の訪問と5,711,710回のページビューがありました。

私たちが今何をしているのかを比較すると、これは過去30日間の全体像です

カップルの詳細

フォーラムの統計

私はほんの2ヶ月前にフォーラムを立ち上げただけですが、私が望んでいるだけではありませんが、時間の経過と共に成長するサイトの重要な部分です。

私たちは感謝しなければならない

このウェブサイトを開始するのが最大の成果の一つは、私が途中で作った素晴らしい友達です。このサイトは、これらの人々がいなければ、今日の場所にはないでしょう。

エディタのお気に入り

私たちが本当に誇りに思うほどの記事がありますが、お気に入りのものをいくつか選んでいます。その中のいくつかは人気があり、そうでないものもあります。

私たちのオタク海賊賞金

バウンティプログラムは、私が非常に誇りに思っているものです。そして、現時点では保留中ですが、今後数か月以内に、私たちが再編成する際に、これから大きなものを期待することができます。

ソフトウェアとスクリプト私が一緒に投げた

私の普通の日の仕事ではプログラマであるので、私は単に自分が望むソフトウェアを書く傾向があるので、他の人が楽しめるようにいくつかのアイテムをリリースし始めました。私は将来、かなり多くのソフトウェアをリリースするつもりです…うまくいけば、次回より便利なものがあります。

未来?

今年のオ○オクオバマのために何が売れているのですか?

それは爆発している…しかし、私たちは明日の夜のために準備しなければならない、ピンキー。

良い、良い仕事を続ける!:D

あなたの初年度のおめでとうございます!ああ、私はピンキーと脳を愛しています。:)

あなたの最初の一年とあなたのすべての成功をお祝いします。これはすばらしいサイトです。私の毎日必読です。偉大な仕事を続けてください。

Geek、このサイトを最初から構築して素晴らしい仕事をしたことがありますが、なぜHTGが成功したのかは不思議ではありません。あなたのビジョンと勤勉さは、これをALLのために頻繁に訪れた、役に立つ目的地にしました。

おめでとう!私はあなたのブログを本当に楽しんでいます。偉大な元来の設計から有益な投稿、あなたが受け取るすべてのトラフィック、壮大なものまで、多くの点で私にインスピレーションを与えてくれました。

あなたは私の人にインスピレーションを与えました、これは私の最初の訪問です。私はこのフレンドリーなサイトを永遠に使うつもりです。

howtogeekのウェブサイトに落ちることなく、私にとって一日は完璧ではありません。

すべてのアドバイスをありがとう! geekdom以外の人たちとのリンクを続けてください!:D

「誰もが島ではない」と「鐘の通行人」という言葉は、英語の形而上学詩人であり聖職者のジョン・ドン(John Donne)による、瞑想XVIIの同じセクションからのものです。