slmgrを使用してWindowsライセンスを変更、削除、または拡張する方法

Windowsのアクティベーションはできるだけ簡単に行うことができるように設計されているため、Microsoftのグラフィカルツールで簡単に操作できます。プロダクトキーを削除したり、オンラインでライセンス認証を強制したり、ライセンス認証タイマーを延長したりするなど、より高度な処理を行うには、Slmgr.vbsが必要です。

このコマンドラインツールはWindowsに含まれており、設定アプリの[更新とセキュリティ]> [有効化]画面に表示される標準の有効化インターフェイスでは使用できないオプションを提供します。

このツールを使用するには、管理者権限でコマンドプロンプトを起動します。 Windows 8または10でこれを行うには、[スタート]ボタンを右クリックするか、Windows + Xを押します。表示されるメニューの[コマンドプロンプト(管理者)]オプションをクリックします。 Windows 7では、[コマンドプロンプト]の[スタート]メニューを検索し、右クリックして[管理者として実行]を選択します。

非常に基本的なライセンスと現在のシステムに関するアクティベーション情報を表示するには、次のコマンドを実行します。このコマンドは、Windowsのエディション、製品キーの一部を識別できるように、およびシステムがアクティブ化されているかどうかを示します。

アクティベーションID、インストールIDなどの詳細なライセンス情報を表示するには、次のコマンドを実行します

現在のライセンスの有効期限を表示するには、次のコマンドを実行します。これは、小売ライセンスと複数のアクティベーションキーが期限切れにならない永久ライセンスとなるため、組織のKMSサーバーからアクティブ化されたWindowsシステムでのみ有効です。プロダクトキーをまったく提供していない場合は、エラーメッセージが表示されます。

Slmgrを使用して、現在のWindowsシステムからプロダクトキーを削除できます。以下のコマンドを実行してコンピュータを再起動すると、Windowsシステムにはプロダクトキーがなくなり、ライセンスが適用されていない非アクティブ状態になります。

小売ライセンスからWindowsをインストールし、別のコンピュータでそのライセンスを使用する場合は、ライセンスを削除することができます。あなたがそのコンピュータを他の誰かに渡しているなら、それはまた役に立つかもしれません。しかし、箱入りのコピーを購入しない限り、ほとんどのWindowsライセンスは付属のコンピュータに縛られています。

現在のプロダクトキーをアンインストールするには、次のコマンドを実行してから、コンピュータを再起動してください

Windowsはまた、コンピュータを設定するときにキーがレジストリにある必要があるため、プロダクトキーをレジストリに格納します。プロダクトキーをアンインストールした場合は、以下のコマンドを実行してレジストリからも削除されていることを確認する必要があります。これにより、将来コンピュータを使用するユーザーはプロダクトキーを取得できなくなります。

このコマンドだけを実行しても、プロダクトキーはアンインストールされません。プログラムはそこからアクセスできないようにレジストリから削除しますが、上記のコマンドを実行してプロダクトキーを実際にアンインストールしない限り、Windowsシステムのライセンスは維持されます。このオプションは、現在のシステム上で実行されているマルウェアがレジストリにアクセスすると、マルウェアによってキーが盗まれるのを防ぐために設計されています。

slmgr.vbsを使用して新しいプロダクトキーを入力できます。 Windowsシステムにすでにプロダクトキーがある場合は、以下のコマンドを使用して、古いプロダクトキーをサイレントに置き換えます。

次のコマンドを実行して、プロダクトキーを置き換えます。##### – ##### – ##### – ##### #####をプロダクトキーに置き換えます。このコマンドは、使用する前に、入力したプロダクトキーが有効であることを確認します。このコマンドを実行すると、コンピュータを再起動するように指示されます。

また、設定アプリの[アクティベーション]画面からプロダクトキーを変更することもできますが、このコマンドではコマンドラインから行うことができます。

Windowsの強制的なオンラインアクティベーションを試みるには、次のコマンドを実行します。小売版のWindowsを使用している場合、これによりWindowsはMicrosoftのサーバーでオンラインでライセンス認証を行うようになります。システムがKMSアクティベーションサーバーを使用するように設定されている場合、代わりにローカルネットワーク上のKMSサーバーを使用してアクティベーションを試みます。このコマンドは、Windowsが接続やサーバーの問題のためにアクティブ化せず、強制的に再試行したい場合に便利です。

Slmgrでは、オフラインアクティベーションを実行することもできます。オフラインアクティベーションのインストールIDを取得するには、次のコマンドを実行します

これで、電話でシステムをアクティブにするために使用できる確認IDを取得する必要があります。 Microsoft Product Activation Centerに電話し、上記のインストールIDを入力してください。すべてがチェックアウトされたら、アクティベーションIDが与えられます。これにより、インターネット接続なしでWindowsシステムをアクティブにすることができます。

オフラインアクティベーションのために受け取った確認IDを入力するには、次のコマンドを実行します。受け取ったアクティベーションIDに「ACTIVATIONID」を置き換えます。

作業が完了したら、slmgr.vbs / dliまたはslmgr.vbs / dlvコマンドを使用して、アクティブになっていることを確認できます。

これは一般に、PCがアクティブでない場合は設定アプリのアクティベーション画面から行うことができます。グラフィカルインターフェイスを使用する場合は、コマンドを使用する必要はありません。

一部のWindowsシステムでは、プロダクトキーを入力する前に無料トライアルとして使用できる限られた時間を提供しています。たとえば、Windows 7は30日間の試用期間を設けています。このトライアル期間を延長して残りの30日間に戻すには、次のコマンドを使用します。Microsoftのドキュメントに記載されているように、このコマンドは「アクティブ化タイマーをリセットします。

このコマンドは数回しか使用できないため、試用期間を無期限に延長することはできません。使用可能な時間は、「rearm count」に依存します。これは、slmgr.vbs / dlvコマンドを使用して表示できます。これはWindowsのバージョンによって異なります.Windows 7では3回、Windows Server 2008 R2では5回と思われます。

これはもはやWindows 10で動作するようには見えませんが、プロダクトキーを提供しないと非常に寛大です。このオプションは、以前のバージョンのWindowsでも引き続き使用でき、将来はWindows Serverなど他のエディションのWindowsでも引き続き動作する可能性があります。

Slmgrは通常、現在のコンピュータで指定したアクションを実行します。ただし、ネットワークへのアクセス権がある場合は、ネットワーク上のコンピュータをリモート管理することもできます。たとえば、以下の最初のコマンドは現在のコンピュータに適用され、2番目のコマンドはリモートコンピュータで実行されます。コンピュータの名前、ユーザー名、およびパスワードが必要です。

Slmgr.vbsコマンドには、KMSのアクティベーションおよびトークンベースのアクティベーションに役立つその他のオプションがあります。詳細については、MicrosoftのSlmgr.vbsドキュメントを参照してください。

これは非常に興味深く有益な記事ですが、私は興味があり、特定の要素に少し悩まされています。

もし誰かがWindowsやComputer Help Forum(ここではHTG)にWindows製品(またはそのような他のソフトウェア)の30日間の試用制限をハッキングする方法についてのヘルプを求めるリクエストを投稿すると、何人ものメンバーからの返信を受けて、「製品のライセンス供与された試用制限をハックまたは回避することはできません。違法で非倫理的です。

主に、挿入するキーが合法であるかどうかを知る方法がないため、プロダクトキーを置き換えたい場合にも同様の応答が返されます。

私は分かりません。おそらく、30日間の試験を延長または再設定することは容認できると考えられていますか?

あなたが私のことを理解すれば、私はちょっと混乱しているように思われます。

主に、挿入するキーが合法であるかどうかを知る方法がないため、プロダクトキーを置き換えたい場合にも同様の応答が返されます。

プロダクトキーの交換は必要なツールです。たとえば、イメージを複数のコンピュータにインストールする場合など、ハードドライブを転送する場合。 Windowsを有効にするには、常に有効なプロダクトキーが必要なので、これは完全に合法です。

アクティベーションタイマーをリセットすることについて:私が思い出すと、それは一度だけ実行でき、Windowsはまだ評価モードです。

個人的には、時には「海賊」のような時代に時々飛びすぎるかもしれないと思います(明らかなケースはありますが、それは適切だと思います)。私はちょっとした裁判をする傾向がありますが、それはほとんどが人々が完全に意識しており、決定。

私は、これらのツールを使用する合法的な理由があることを理解しています。また、時にはOSやアプリケーションを急にすることさえあります。 (例えば、あなたが破損したため、XPの小売りインストールCDが必要です。)

個人的には、時には「海賊」のような時代に時々飛びすぎるかもしれないと思います(明らかなケースはありますが、それは適切だと思います)。私はちょっとした裁判をする傾向がありますが、それはほとんどが人々が完全に意識しており、決定。

あなたのポイントは十分に取られています – そして、私は、ラインが少しぼやけているように見えるこのケースのように、注意の側で誤っている傾向があると思います。

そして、記録のために、私は@ChrisHoffmanがハッキングや海賊行為のようなものを示唆する記事を投稿することは決してないことは間違いない。 – 私が言及したように、私はちょっと混乱していると感じました;しかし、あなたの説明のおかげで、はるかに明確です。

これまでslmgr-rearmをカバーしており、倫理的または法的問題があるとは考えていません。

http://www.howtogeek.com/howto/windows-7/extend-the-windows-7-trial-from-30-to-120-days/

彼らの製品のマイクロソフトの評価版は無制限のテスト、デモ、開発環境を無償で提供することができるため、非常に貴重で便利なツールです。唯一の捉え方は、評価版のリリースには時間がかかるため、時間をかけて絞り出すことができれば、もっと便利になる可能性があります。

Windows Vistaは、購入前に30日間試用版を使用できる最初のWindowsオペレーティングシステムです。 Microsoftにとっては、Vistaへのアップグレードから得られるメリットのほんのわずかな点を考えると、本当に大きな動きです。試用期間を120日まで延ばすことができるよく知られたトリックがすぐにあります。

私は矯正され、教育を受けています。私の疑問や推測によって、感情のある人すべてに謝罪しているかもしれません。

タコはビジョンに盲点がなく、網膜と視神経の構造は、脊椎動物の目のように、光を遮断したり、網膜の連続性を妨げたりしないようなものです。